Diary

201803/26(月)

素晴らしい人生


あたたかい春の一日でしたね、もう春か。。冬はまだ冬か、なんだけどな。やっぱりわくわくするものですなあ。
最近はパーマをずっとかけていて、これは便利なのですがやっぱりセットしないとまとまらないからいつもよりもちょっとだけ早起きをしています。しかし目算を毎回誤ってプチ遅刻しがちなのも春のせいにしてしまいましょう。今日は23日に行ったライブのことを書こうかな、と思っています。

ソロライブってのはいいものです。しかしやっぱり具合が悪い。いろんなことを気にしてしまってどうにもこうにもうまくゆかん。更に最近はどうも寝覚めが悪くって大概首だか肩だかがパンパンになっている。う〜、あたしは枕を使わないせいなのか、それともうつぶせ寝のせいか。今日も全くいけません。

そんな感じでサラヴァ入り。今日は衣装1着でいいや。ゴルチェのスーツだけ持って来てインナーは2枚。かなり渋い選択ですが主役は唄だからいいでしょう。お客様来るかなあ。。と心配しながら通しリハです。喉はいいのだが心を込めるのが大変。20年前とかに書いたオリジナル曲を並べたライブなんてはじめてなのでね、もう気持ちがそこになかったり、意味判らなかったり、ほんとに何考えていたのだか、あの頃は。。

そしてあたしは曲を作るのは大好きなのだがどうにもこうにも歌詞というものが苦手で。云いたいことはきっとあるのだろうけれどそれをストレートに書くことが難儀になってしまう。テーマを決めてあんまり歌詞を書かないのですね。こういうことが云いたい、ってのは必ずしもテーマにはならないもんなのですよ。最近は違って来たのだが。

そんな中で唄うナンバーはやっぱり今唄いたい気持ちのものになりました。昔の曲は歌詞をちょちょっと変えたりしたから歌詞カードも譜面台に用意してのライブです。
さて、やった曲…

1部
1新しい毎日(ゴールデン街ソワレ10周年記念オペレッタオープニング曲)
2Bye bye blue
3some other time
4ロシアンカフェに憧れて
5私のロシア・カフェ(この曲だけシャンソン)
6月夜が目にしみる(duo.セニョリ〜タとも夜)
7ここに
2部
1緋い目
2星の陰
3ひまわり
4パリの夜
5マイディア
6太陽について
7恋のあと
e1やどかり女のブルース
e2素晴らしい人生(新曲)

でした、いかがでしたか?
自分にしか判らないこと、自分は判らないこと、誰にも判らないことと悲喜こもごもがあってなかなか面白かったです。しかし新曲ははっちゃけておりましたね。最近の曲は素直に書きたい歌詞からメロディが生まれるみたいで、今更ながらよかったことだと思っています。しかし昔に書いたナンバーはほんとにメロディが難解だなあ。すごく凝った作りとか節回しとかしている。頭でっかちだったのね。あと、きっと時間があったのでしょうね、丁寧な作りだなあと思いました。

お越しくださった皆様ありがとうございました。次は恒例6/12のライブですね。これはどうしましょうかね。また新曲は書きたいな。そのため(かどうかは知らないが)に、来月は英気を養うお休みを戴いております。もうアタマの中パンパンなんだか空っぽなんだかワカンナイから一旦リセットするのだ。そういう時間も大切よね。きっとまた元気にお逢い出来ることでしょう。まだまだやりたいこと沢山で困っちゃうな、じゃ、またね。

  • 2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archives