Diary

201811/01(木)

渚ようこさんのこと


[1]
遠く北のモーテルでこれをしたためる気持ちになったのは衝動としか云えない
書き進む気力も冷静さも残らないこのカラダにはかなりアルコールという切っても切れないあんたとあたしの因果と縁が巣食っている深夜である
山形、白鷹、この街を愛したあなたの気持ちがあたしにはよくわかる
頑張ったね東京で、お疲れ様
これは東京人のあたしからの言葉
しかしなんでこんなにあたしたちはウマが合ったのだろうということを改めて考え、そして記してみたいと思う
鉄は熱いうちに打て、風化されてしまうこのパッションを一刻も早く表に晒すのがあたしの使命だと思うから
どうか渚ようこと云う名前を忘れないで欲しいので書き進めてみます

[2]
ここまで書いたのが10月2日深夜でしたのでひと月も放ったらかしにしてしまったことになります。決して忘れていたわけでもサボっていたわけでもなく、ただただ忙しかったと云う理由に尽きるのですが、そろそろ色々なことを復活させないといけないのでその為に続きを書きます。思い返せば戸川昌子ママの時もしばらくなんにも書けなかった。しばらくしてから陳腐な言葉をちょこちょこっとTwitterに残しておしまい。今回はそういうわけにもいかない気がして。あたしはようこさんが亡くなる前日に偶然道端ですれ違っていました。少しの時間、立ち話。18時半をちょこっと過ぎた頃。翌日の訃報も早い時間に聞いて、結果的に最初に病院に駆けつけた数人のうちのひとりになりました。仲良しのこの世でのほぼ最後の姿、そして旅立った最初のお顔を見届けることになったわけでした。
それからはただただ、「はいこっち、次はあれ!」みたいにようこさんに背中を押されてとにかく出来ることを精一杯やってみた、って感じでした。病院を出た時のブルースカイブルー、火葬場で見上げたブルースカイブルー。ご遺骨を抱いて最後のエロチック・トロワの集合写真を撮った山形のブルースカイブルー。こういう時に涙が出ないって本当なんだなあ、とそれは苦虫を噛み潰したみたいな顔のあたしが携帯の中にいました。

はじめて逢ったのが2000年12月のことだから18年のお付き合い、ってことになります。よく、仲良しは何年逢わなくてもすぐに心が繋がれて、とか云いますが、そしてそれは本当だよなあ、とも思いますがようこさんとあたしがちょっと違っていたのは結局離れることが1回も無かったってことでした。いつも近くにいる人。青い部屋からはじまってゴールデン街に三ヶ月遅れであたしがお店出しておんなじマンション住んで、その後のサラヴァ東京でもレギュラーの様に出演してくれて。2月17日の閉店前日、16日は渚ようこソロライブの予定でした。もうこれは運命超えて宿命みたいなものでしょう。血の繋がらない家族たちはお互いが家族を持った時に親戚付き合いをしようね、と約束していました。

あたしは勘が鋭いところがあって、実は第一印象で渚ようこさんが苦手でした。きっと仲良くならないだろうなあ、とこちらが勝手に閉じた扉を強引にこじ開けられる様に頻繁に連絡が来て。あら、はじめて見誤ったなと思った場所は代田橋の水道局の横を車で走りながら電話で喋っている時でした。なんでそういうことを覚えているのだろうか、とも思うけど、ひとつは自分で勘を外したことへのがっくり、とそれ以上になんだか嬉しかった気持ちがあったから。それからの急接近は自分でも上手にお話出来ませんが、ひとつ、あっという間であったというのは確かでした。青い部屋からはじまったファミリー達は自然とエルナ、渚、ソワレのエロチック・トロワを中心にその輪を拡げてゆきました。かな坊、プチちゃん、デビルス、炎子、プチ&アコはようこさんを「おかん」と呼び、あたしは「パパ」、エルナ姉さんはそのまま「お姉さん」。困った時は助け合い、嬉しい時は喜び合う。周りにも何となくその不思議な家族感は伝わっていて、我々もそれを心地よく感じ、お誕生日は1このくす玉を三人で持ち回りしたり、地方に出掛けては飲み明かしたり、お互いの本当の家族を紹介したり、そんなことを普通に無理なくずっと続けていました。兎に角仲が良かったのです。

ようこさんは電話が長くて、そして人の話を全然聞かなくて、そして電話に出ると最初に「ごめ〜〜ん」とまず謝ります。その「ごめ〜〜ん」は半分本当で、で、でも「ごめんなさい」の他に「ごめんください」「ごめんこうむりますが」とか色々なものが混ざっていました。普通、あんまり歌手同士、それもソロシンガーが仲良くなる話は聞かないものですが、なんだかウマが合ったとしか云いようがない感じでお互いを尊敬し、ライバルとだけど励まし合って、そして何よりあたし達はデュエットの声の相性がとても、よかった。記念ライブには必ずお越しくださってデュエットソングを作ったり、与太話で盛り上げてくれたり、想い出が尽きないとはこのことでしょう。

お願いされたわけもありますがお部屋の整理をずっとやっていて、その中に幻となってしまった11月30日の構成案がありました。お部屋はグチャグチャでしたがどこに何があるのかはちゃんと判っている様な、几帳面(?)な人だったのであの人らしいなあ、と思いましたが本当に残念なことです。エロチック・トロワのコーナーで唄う曲もありました。あ〜、これがやりたかったのね。残念です。でもようこさんが一番残念かも知れないね。仕方ないね。
ひとには終わりがありますがこの思いはいつになったら終わりになるのか判りません。10月28日にマンションの鍵を不動産屋さんにお返しして、その後追悼イベントに出演する為、吉祥寺に向かいました。ちょうどひと月か。。入口近くの壁に凭れながら夢のような幻のようなそのイベントを見ていました。うたも唄ったけどあたしにはまだこの場所は早いのだな、と思いました。だってひと月ずっとようこさんのリアルな現実を片付けて来たのだもの。ひとりで事実を咀嚼する時間んなんてなかったから。ようこさんがいない、っていう事実。

ゴールデン街「汀」も残せることになったし、配信もはじまりそうだし、ほっとすることもあったけど、一番ほっとしたのは故郷にようこさんの縁を送れたことです。さよなら。山の様なダンボールの蓋を開けにまた、ゆくからね。そして東京の仲間で1月15日に追悼のイベントやりますからね。心の中の大きな山とやらなくちゃ!ってことは一旦超えられたから、あなたがいないことをゆっくりこれから見つめてゆきますね。まだあなたの唄をひとりで聴くのが怖いダサダサなあたしにもそろそろさよならしたいしね。
どうかみなさま、渚ようこさんのことを
♪わすれ〜、な〜い〜で〜(ラスト・ダンスは私に)

00C33993-56C8-48A7-9EBA-706DE5AFD388

201805/01(火)

このたびは


ご迷惑とご心配をお掛けして申し訳ないです
そういうわけでサラヴァ東京は2019年2月17日を以て幕を閉じます
丁度八周年、その日にサヨナラが決定したわけですがここに至るまでには一年以上に渡る葛藤と攻防戦がありました

ここはあたし個人のブログですから思ったことをなるべく正直に書きますね、でもオトナであります、の大前提を忘れずに。。
気まぐれな道楽に付き合わされての真摯なお仕事だったなあ、と思うのが今の心境、そして文化印を旗揚げに始まったのならば、そこをしっかり見つめて育て上げる覚悟がない輩がお店なんてやっちゃあ、あかんぜよ、と思いました
2014年9月にサラヴァ東京を任されて、そして前オーナーの意気地とか思いとかをそのまま受け継ぐ形であたしがオーナーになったわけですが、声を大にして申し上げたいのは経営難でサラヴァ東京が閉店になるわけではないってこと、むしろ皆様のお陰で少しずつですが売り上げも上向きに、そして様々な形で文化の伝承をやっとこの場所で作ってゆけるかなあ、と思っていた矢先のことでした

勿論閉店したいとの意向を聞いた時にそれに対して反発できる理由も、その気まぐれな発言に抗うだけの根拠もあたし達にあったことも記しましょう、本当のことだから
そんな中、どうしてもここだけは理解も判り合うことも出来ないなあ、と思ったビルオーナーの一言であたしは乱暴な閉店の持ち掛けを受諾したわけですが、その後になってのデリカシーの無さ過ぎる提案にガックリ肩を落としてしまいました

ヒトノキモチガワカラナイ人。。。

もう判ってもらう必要もない、サラヴァ東京ファミリーは全員が疲れ果てました
でも、勘違いして戴きたくないのは例え閉店が決まってしまったとしてもサラヴァ東京ファミリーのみんなは消化試合なんて絶対にしないよ、ってことです
悔しい気持ちをバネにして残された時間を精一杯楽しもうと思っています
うちらは自分の足で歩いているのだ
そしていつも真剣なのだ
タナボタな幸せではないのだ、自分の手で掴んだ大切な宝物なのだ

人生は一度ですけれど道は沢山あります、生き方もたくさんある
しかし我々はたったひとつの生き方しかしていない
それは目の前にある愛を大切にしていること、血のつながりではない、不安定だけれど見えない愛情に本当の温もりを得られる快感を知っています

真面目で真っ直ぐで責任感が誰よりも強くてダンスバカで潔癖で誰よりもサラヴァを愛してくれているあけみママ
人の気持ちを最初に考えてしまう癖があって、でもそれが習い性になっているから逆にそこに甘えさせてくれちゃう優しい一州くん
空振りも多いけど自分なりに一生懸命自分のフィールドでなんとか空き日を埋めようとする飯塚さん
本当にバカなんだけどこれ程素直にあたしのことを好きでいてくれる人もいないのではないかな、と嬉しく思わせてくれる愛しの息子、キャスパ
頑張りすぎてしまうのは自信がないから、そして末っ子の長男の責任感からだと分析しますがたまに甘えてくれる時にあたしの心をぐっと掴んでしまう悔しい新見ちゃん
不思議なご縁で傍に居てくれることになった運命の人、寂しがり屋でプライドの高い実は顔も心もイケメンのえびちゃん
自分のルールがしっかりあってそこに準じているからイマイチ判り辛いのだがそこにどこか安心してしまうアユムくん
大事な大事な精神的パートナー。あたしのやりたいことを云わずと判ってくれる犬で云うとあたしが腹這い状態になっちゃうやっと出逢えた名マネージャー、ゴクミ
こういうチームが作れたことはあたしの宝、そして財産です
場所がなくなっても繋がっているチーム、どうかみんな幸せになりましょう
そして限りある時間をここ、サラヴァ東京で大切に過ごしてゆきましょうね!ラヴ!!!

あたしはサラヴァ東京は潰されたのだと思っています
でも人っていつ死ぬかわからないですよね、だから面白い
死んでしまうその日まで精一杯暴れようではないですか!!!それは抗いです、でも死んでしまう、カウントダウンははじまりました
こんな面白い経験を下さりビルオーナーさんありがとうございました、そして、アデュー!!!そしてここでの我々の人生はあと10ヶ月終わらないのよ!!!伝説作るんでご期待下さい!!!!!

201803/26(月)

素晴らしい人生


あたたかい春の一日でしたね、もう春か。。冬はまだ冬か、なんだけどな。やっぱりわくわくするものですなあ。
最近はパーマをずっとかけていて、これは便利なのですがやっぱりセットしないとまとまらないからいつもよりもちょっとだけ早起きをしています。しかし目算を毎回誤ってプチ遅刻しがちなのも春のせいにしてしまいましょう。今日は23日に行ったライブのことを書こうかな、と思っています。

ソロライブってのはいいものです。しかしやっぱり具合が悪い。いろんなことを気にしてしまってどうにもこうにもうまくゆかん。更に最近はどうも寝覚めが悪くって大概首だか肩だかがパンパンになっている。う〜、あたしは枕を使わないせいなのか、それともうつぶせ寝のせいか。今日も全くいけません。

そんな感じでサラヴァ入り。今日は衣装1着でいいや。ゴルチェのスーツだけ持って来てインナーは2枚。かなり渋い選択ですが主役は唄だからいいでしょう。お客様来るかなあ。。と心配しながら通しリハです。喉はいいのだが心を込めるのが大変。20年前とかに書いたオリジナル曲を並べたライブなんてはじめてなのでね、もう気持ちがそこになかったり、意味判らなかったり、ほんとに何考えていたのだか、あの頃は。。

そしてあたしは曲を作るのは大好きなのだがどうにもこうにも歌詞というものが苦手で。云いたいことはきっとあるのだろうけれどそれをストレートに書くことが難儀になってしまう。テーマを決めてあんまり歌詞を書かないのですね。こういうことが云いたい、ってのは必ずしもテーマにはならないもんなのですよ。最近は違って来たのだが。

そんな中で唄うナンバーはやっぱり今唄いたい気持ちのものになりました。昔の曲は歌詞をちょちょっと変えたりしたから歌詞カードも譜面台に用意してのライブです。
さて、やった曲…

1部
1新しい毎日(ゴールデン街ソワレ10周年記念オペレッタオープニング曲)
2Bye bye blue
3some other time
4ロシアンカフェに憧れて
5私のロシア・カフェ(この曲だけシャンソン)
6月夜が目にしみる(duo.セニョリ〜タとも夜)
7ここに
2部
1緋い目
2星の陰
3ひまわり
4パリの夜
5マイディア
6太陽について
7恋のあと
e1やどかり女のブルース
e2素晴らしい人生(新曲)

でした、いかがでしたか?
自分にしか判らないこと、自分は判らないこと、誰にも判らないことと悲喜こもごもがあってなかなか面白かったです。しかし新曲ははっちゃけておりましたね。最近の曲は素直に書きたい歌詞からメロディが生まれるみたいで、今更ながらよかったことだと思っています。しかし昔に書いたナンバーはほんとにメロディが難解だなあ。すごく凝った作りとか節回しとかしている。頭でっかちだったのね。あと、きっと時間があったのでしょうね、丁寧な作りだなあと思いました。

お越しくださった皆様ありがとうございました。次は恒例6/12のライブですね。これはどうしましょうかね。また新曲は書きたいな。そのため(かどうかは知らないが)に、来月は英気を養うお休みを戴いております。もうアタマの中パンパンなんだか空っぽなんだかワカンナイから一旦リセットするのだ。そういう時間も大切よね。きっとまた元気にお逢い出来ることでしょう。まだまだやりたいこと沢山で困っちゃうな、じゃ、またね。

201803/06(火)

ボナネ〜


あけましておめでとうございます。本年もソワレをよろしくお願いします。
みなさまにとって2018年はどんなですか?あたしは信じられないくらいアタマを遣っています。これ、しばらく続きそうですがもうそろそろ限界なので4月にお休み取ることにしました。しかし久しぶりの日記がこれって云うのもツマンナイわね。。

昨年から越路吹雪さんがチョット来てますよね?あたしはとっても嬉しいです。3/11から衣装の展示会もあるの知ってますか?ドラマは皆様ご覧になっているでしょうか?あたし毎日録画していますけれどまだ観ていません。終わったらまとめて拝見すると決めてんだ。楽しみは後にとっておきましょう、って感じでもないんだけど、とにかく越路さんのお話が出来る人がたくさん増えて嬉しいです。

今月の23日に久しぶりのソロライブやります。ほんとはシャンソンを中心にプログラム組もうと思ってたのだけれどなんか気が変わってオリジナルばっかにしました。いい曲多いなあ。全然唄ってなかったなあ。やっぱたまには自画自賛もしないとね、今年は自分をたくさん可愛がってあげようと今、思いました。なんか意味ないだら記でごめんなさいだけどいいや、。またね。

201709/15(金)

奈保子さんの気持ち


雨の深夜の月曜日にアホな怪我を致しました、全く不甲斐ないことです

でもいくらアホウなあたしでもこれは相当なことであると判ります、翌日の朝から気落ちを立ち上がらせてとっとと朝から動きます
いつものお医者さんに「痛々しい」と云われましたがもうあたし、諦めてますから。。これが今のあたしに課せられた現実、必死に治して戴きとっととお家へ帰ります
あ〜あ、またイチからかあ。。まあ、しゃあない、起きてしまったことは。。自分で仕出かしたし
でもってその日のソワバは中止ね、すみません。。こりゃ人前に出れないな、って理由は判っていたからなあ
なので翌日はじめてのところにゆきます、ここは以前から噂を伺っていた処、ここに今回は縋るしかないとの正しい動物的勘を抱きしめ、嘆願して飛び込みました
自分のカラダのことはやっぱり自分が一番判る、でもそれを超えたところで理解して下さったその先生に感謝の言葉しかございません!すとんと落とされてさあ、あとはリハビリと自問自答ですね、このお怪我につきましての意味を
でもその前に道連れになった自転車の顔は二度と見たくないのでとっとと破棄!息子に貰ってもらいましょう。。(これってよいこと??まあいいや)
ソワレチックゆけなくてごめんなさい、でも元気なので安心して下さいね!この程度で済んでよかった、よかったよ。。なんか自分の顔の筋肉の使い方が楽しくて。。とにかく明日があるんでいちいち「う〜」とかなってられん!とすぐ思えるところ本当に大した性格だと思います
でもって今日はソワバだったんですけど、でも帰り道(勿論徒歩)その事故現場に近付いて(一応しばらく自転車は乗らない、くらいの殊勝な気持ちはある)来ると心臓バクバクしちゃったのですね
これって奈保子さんのNHKホールの時ともしかしておんなじ気持ちじゃないの?となんか嬉しくなっている自分がいてアホかと思う自分がいて、全くほんとにあたしだなあ、と思いました
そしてあたしって、たま〜に(でもないか。。)とんでもないことを仕出かすのですがそういう時に限ってお唄のお仕事が入っていないって云うのも悪運が強いなあ、と思いました
久々のダイアリーがこんなお知らせでごめんなさいね、来週からとんとんとん!とお唄のご披露が続きますのでどこかで皆さまにお会い出来ますように。。
ちなみに奈保子さんのイベントが一年振りに開催されます!こちらもお楽しみに。。あたしはとっても、楽しみ。。
1 / 24712345...>>
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archives